紫外線対策ガイド TOP → 紫外線の基本 紫外線とは

紫外線とは

紫外線にはUV-AとUV-Bという二種類のタイプがあります。UV-Aはお肌の色を黒くするサンタンを招き、UV-Bはサンバーンを引き起こします。また実はもう一種類、UV-Cというタイプもあるのですが、地表はオゾン層によって守られているためこれはほとんど影響しないため、除外して考えるとします。ただし一応の補足として、UV-Cが生体へ届いた場合、生体へ及ぼす悪影響は他のタイプよりも大きいことを記しておきます。

UV-Aが生体の皮膚に降り注ぐと、それによって皮膚が編成するため、色が変わってしまうというわけです。ただしこの段階では、まだ日焼けという状態にはなっていません。日焼けはUV-Bの作用によって生成されるメラニン色素の酸化によって起こるものですので、そうなってようやく肌が褐色に日焼けした、となるわけです。これは色素反応の防御反応であり、正常な反応といえます。

紫外線というのは人間の目で見ることの出来ない不可視光線ですが、しかし光のスペクトル(成分のようなもの)が紫より外側となることもあり、紫外線という名が付けられるようになりました。日焼けなどを起こすのは広く知られていますが、実のところ人体に対して有用な効果もあるため、単純に悪いものであるとは言えないものです。UV-Cは悪影響が大きいですが、人体に到達する可能性は現段階ではほぼ無いですし、心配いりません。

紫外線というのは、全てが人体に対して悪い影響を及ぼすというものではなく、人体にへと有用に働く講かも存在します。


紫外線の基本



アレルギー性鼻炎 治療
アレルギー性鼻炎の治療なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

品川 透析
品川で透析なら五反田ガーデンクリニック!

レンタカー鹿児島空港
http://www.dgachn.org/

犬のしつけ教室 ペットホテル東京(羽田空港送迎可)
http://pethoteltokyo.com/