紫外線対策ガイド TOP → 紫外線の基本 紫外線の与える影響

紫外線の与える影響

強い紫外線に当たり続けることは、しみ・しわ・肌荒れ・ニキビなど様々な肌の問題を引き起こします。特にこれらの影響は、仕事などで屋外に出ていることが多い方などが悩まされやすいもので、何の対策もしていないと肌荒れなどは徐々に進行していきます。更に紫外線の強い夏場などといった季節だと、更に症状は深刻化していく可能性があるでしょう。

また日焼けなども、紫外線の与える影響と言えるでしょう。外観の問題ではありますが、しかし白い肌を保ちたいという方にとっては、日焼けは避けたいはずです。更に紫外線アレルギーなどをお持ちですと、湿疹などといったアレルギー症状に悩まされることもあるでしょう。紫外線アレルギーに関しては「紫外線アレルギー」の項目で説明しておりますので、是非ともそちらをご覧になってみてください。

とはいえ、紫外線は有害な作用ばかりというわけではなく、人体へと有効に働くこともあります。まず殺菌消毒作用があることは確認されていますし、栄養素であるビタミンDの合成も紫外線(日光)にあたることで行われます。血行促進・新陳代謝促進も紫外線によって行われることがあり、紫外線の全てが悪いことばかりとは言えないのです。むしろ、全く日に当たらない生活は不健康かもしれません。

紫外線は有効に働く場合もありますが、しかしお肌のトラブルの原因となってしまうことがあるのも確かです。特に室外へ身を置くことが多い方なら、対策は必須と言えるでしょう。


紫外線の基本



アレグラ 効能
アレグラの効能なら医療関係者向けの製品情報サイトで!