紫外線対策ガイド TOP → 紫外線の基本 紫外線アレルギー

紫外線アレルギー

紫外線アレルギーとは、日光にあたることで湿疹などのアレルギー症状が出ることをいいます。皮膚が少し赤くなるというくらいなら軽度かもしれませんし、たまたま紫外線の強い日だったという可能性もあります(海水浴の帰りなどでは良く見受けられます)。しかし湿疹や蕁麻疹が出たり、痛みが生じたり、酷い場合だと頭痛や吐き気が出てしまうこともあるのです。

紫外線アレルギーに関しては、軽度と重度で大きな差があります。軽度の紫外線アレルギーであれば、例えば日中は長袖の服を着るなどすれば、夏場は厚いかもしれませんが外出は出来るでしょう。しかし重度の紫外線アレルギーだと、アレルギー症状が非常に強く出てしまうため、普通に外出することも難しいです。特に紫外線(日光)を避ける生活を送る必要はあるのは、辛いところでしょう。

紫外線アレルギーというのは、重度に傾くほど発見されやすくなるのですが、軽度であればあるほど自覚症状に乏しくなるなどの理由で発見しにくくなります。なにしろ日光というのは毎日降り注いでいるもので、この中で生活していると、少しくらい肌が赤くなるなどといった症状が出たくらいでは、気にしないことが多いのです。しかし紫外線アレルギーが疑われる場合は、一度病院で診察してもらうのが良いでしょう。

紫外線アレルギーではない、と思っていても、気付いていないだけということもあります。心当たりのある場合は、診断を受けて医師の処方を頂くのが良いかもしれません。


紫外線の基本



観葉植物のレンタルを東京で
http://www.rental39.com/