紫外線対策ガイド TOP → 紫外線の基本 しみそばかすと黒色メラニン

しみそばかすと黒色メラニン

強い紫外線を長く浴び続けると、メラニンをつくるメラノサイトが活性化し、メラニンが過剰生産されてしまいます。特に問題とされるのが黒色メラニンで、要するにこの黒色メラニンの生成が増えてしまうことで「しみ」「そばかす」が作られてしまうのです。これを避けるためには、そもそもメラニンが過剰生産されてしまう事態を避ける必要があります。

またこの黒色メラニンとは別の性質を持った、肌色メラニンというのが存在します。「しみ」「そばかす」の原因となる黒色メラニンとは対極的な位置にあり、こちらの肌色メラニンはお肌の色素を白くする(元に戻す)性質を持っています。「しみ」「そばかす」を解消するためには、この肌色メラニンを増やすのが良策と言えます。正常な肌の色を作るのが、肌色メラニンというわけです。

肌色メラニンを増やすというのは、ある意味では美白を目指すのに通じるものがあります。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、美白の栄養素と呼ばれる「ビタミンC」を摂るのが、実は「しみ」解消のためにも効果的と言えるのです。また意外と食生活を整えるというのも重要で、栄養バランスが不規則になってしまうと、紫外線の悪影響を受けやすくなってしまいます。特に皮膚に関わるたんぱく質・炭水化物はきちんと摂取すべきでしょう。

美容にとっては大敵とも言える「しみ」「そばかす」を防ぐため、紫外線対策と栄養バランスの良い食事は、欠かさないようにしましょう。


紫外線の基本



ワンタキソテール 添付文書
ワンタキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム