紫外線対策ガイド TOP → 紫外線の基本 紫外線と加齢

紫外線と加齢

紫外線と加齢に関しては、実のところ深い関係にあるのです。歳を重ねていくと、ある一定の時期(大体は二十代半ば)からは体内でのコラーゲン量が減少していくため、お肌の保湿成分は失われていきます。そのため加齢が進むにつれ、お肌は紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。これを防止するためには、お肌の老化予防にも気を配らなくてはなりません。

先述したように、コラーゲン量は二十代半ばから減少していくのですが、これは大半の方にとって同じであるため、ある程度は仕方ないと言えます。正確には二十代半ばからコラーゲンが生成されなくなるということで、そのため下降の一途を辿ってしまうのは無理からぬことであり、それ自体を予防する術は無いのです。そのため、外部からコラーゲンを取り入れるなど工夫しなくてはならなくなるわけです。

コラーゲンはお肌を保湿するために有用なもので、これが満ちているか欠けているかでは、お肌の老化進行には天と地ほどの差が出てきます。早ければ二十代前半でコラーゲン量が減少していくこともありますので、出来るだけ早いうちからコラーゲン補給の対策を取っておくのは良いことです。食品などで摂りにくい場合は、サプリメントを使用するという選択も考慮に入れておきましょう。

加齢によって紫外線の影響を受けやすくなるため、特に保湿に関しては注意を払わなければなりません。ある意味では、乾燥肌対策が紫外線予防に繋がることもあります。


紫外線の基本



ワンタキソテール 副作用
ワンタキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!