紫外線対策ガイド TOP → 紫外線と皮膚 メラニン色素とは

メラニン色素とは

メラニン色素には大切な役割があり、日焼けなどから皮下組織を保護する為に表皮で有害な紫外線を遮る働きがあります。一般的にメラニン色素といえば、「しみ」「そばかす」などの原因とされ、確かにそれも間違いではないのですが、紫外線を遮るという有用な働きがあることは見落とされがちです。嫌われがちであるメラニン色素ですが、有用な作用も持っているということを覚えておきましょう。

メラニン色素は誰しもが持っているものですが、このメラニン色素が遺伝子的要因などで、先天的に欠乏してしまう疾患というのも存在します。その名を「アルビノ」といい、またの名を「先天性白皮症」とも呼びます。症状としては紫外線から身を守るメラニンが欠乏していることで、皮膚がんなどが発症しやすくなります。見た目に大きな変化の起こる遺伝子疾患で、肌・毛髪が白色になり(このため白皮症とも)目は赤くなります。人間を含む動物が発症し得ます。

アルビノとまではならなくとも、メラニン色素の存在は紫外線から身を守るために大切で、完全に除外して良いものではないのです。しみの原因になってしまうとはいえ、敬遠ばかりせず、その有用性においても理解しておきましょう。メラニン色素は、決してただ悪いものではないのです。

敬遠されがちなメラニン色素ですが、実際は紫外線から身を守るための効果もあります。しみ・そばかすなどの対策は、メラニン色素との折り合いを上手くつけることから始まるでしょう。


紫外線と皮膚



グリメピリド 添付文書
グリメピリドの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!