紫外線対策ガイド TOP → 紫外線と皮膚 メラニン生成のしくみ

メラニン生成のしくみ

メラニン色素は皮膚の基底層に存在するメラノサイトによって作られ(これが表皮に残るとシミの原因になってしまうのですが)、細胞にとりこまれます。このメラニン生成のしくみは非常に複雑なものであり、たんぱく質と強い結合を見せていることや、顆粒状の細かい形をしていることがはっきりしているくらいです。またメラニン色素を作るメラノサイトには、工場的なしくみがあるようです。

お肌が紫外線に触れたとき、メラノサイトはその刺激を受けて反応し、メラニン色素を生成します。これは紫外線に対する防衛反応のようなもので、これが無いと人体は紫外線のダメージをそのまま受けてしまうことになるでしょう。そういった意味では、メラニン色素に有用な効果があるのは確かですが、しかしそれが「しみ」の原因となってしまうのも困りものと言えます。

このとき、もしもメラニン色素が存在しなければ、細胞は紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまうことになります。そうすると、皮膚がんなどのリスクが大きく上昇してしまうでしょう。これが特に問題とされるのは、先天的にメラニンが欠乏している「アルビノ」という遺伝的疾患です。とはいっても、人であれ動物であれ非常に稀な個体なのは確かです。

要約するとメラニン色素は、お肌が紫外線に触れることで生成されるものです。これは紫外線から人体を守ろうとする反応であり、しみなどを引き起こしてしまうこともあるのは確かですが、害ばかりではないのです。


紫外線と皮膚



超速効型インスリン
超速効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!