紫外線対策ガイド TOP → 紫外線と皮膚 メラニンの役割

メラニンの役割

メラニンは、紫外線を皮膚の奥深くまで通さないようにするための壁なのです。一般的な印象としては「しみ」「そばかす」など悪影響をもたらすばかりだと思われがちですが、実際のところそれは間違いです。確かに紫外線から身を守る過程で「しみ」などが出来てしまうこともありますが、それも全て紫外線のダメージを軽減するためで、悪いことばかりではないのです。

とはいえ、いくら紫外線から身体を守るためといっても、しみなどが出来てしまうのは困りものです。特にお肌の保湿力が失われていると、しみは起こりやすくなり、また紫外線の影響も受けやすくなってしまいます。メラニンの役割は紫外線から身を守ることではありますが、加齢によってメラニンだけでは防御が不十分になることもあるのです。そのためメラニンを助けるために、お肌を保湿するサポートなども必要となるでしょう。

メラニンの役割は、生体内の細胞を紫外線から守ることです。しかし紫外線が強く(もしくは長く)降り注ぐ、加齢によって防衛能力が低下している、ストレスなどといった要因などで抵抗力が下がるなどしていると、メラニンだけでは紫外線を防ぎきれなくなります。またこういった要因のために、生成されたメラニンがうまくお肌をターンオーバーできなくなり、しみなどが出来やすくなってしまうのです。

しみ・そばかすが出来る原因となるため敬遠されがちなメラニンですが、紫外線からお肌を守るなど、有用な役割も担っているのです。


紫外線と皮膚



プレミアリーグ 動画
プレミアリーグの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン

エアコンクリーニング 岐阜
エアコンクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!