紫外線対策ガイド TOP → 紫外線と皮膚 皮膚の働き

皮膚の働き

皮膚は身体を外部からの刺激から守る、薄いベールと言えます。また体内の必要な細胞・物質が外部へと漏れ出さないようにする働きもあります。この皮膚がなければ、空気に触れるだけでもたちまち痛覚が刺激されてしまいますし、体内で必要なものもすぐに逃げてしまいます。皮膚は必ず身体にとって必要なものであり、欠けてはならないものと言えるでしょう。

皮膚は強い自己再生能力を持っており、少し破れたり避けたりしても、そのうちに治ってしまうでしょう。傷跡が残るくらいのことはありますが、全く治らないということは少ないです。しかしこの自己再生能力も、加齢によって徐々に衰えが出てきます。若い頃のように怪我が治らなくなった、ということがあるのは、加齢が原因で皮膚の自己再生能力が低下していることに原因があるのです。

皮膚の働きを妨げないようにするためには、まず保湿などから心がけていかなければなりません。保湿が疎かになっていると、皮膚の最大の役割である紫外線の遮断が満足に出来なくなってしまいますし、皮膚の自己再生能力も衰えていきます。それどころか乾燥肌になってしまい、ひび割れなどが起こって傷ついてしまうこともあるでしょう。皮膚の働きを助けるために、外部からの保湿補助は必要となります。

皮膚は乾燥させないよう注意し、普段から保湿しておくようにしましょう。皮膚の働きを最大限に機能させて紫外線対策をするために、出来ることは何でもやっておくべきです。


紫外線と皮膚



リーガ エスパニョーラ 動画
リーガ エスパニョーラの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン

社章の作成
で探すなら