紫外線対策ガイド TOP → 紫外線と皮膚 皮膚のしくみ

皮膚のしくみ

皮膚の表面(表皮)には角質層があり、その下に細胞が詰まっています。皮膚の中央には真皮、線維や欠陥、リンパなどもあり、この真皮が最も厚いです。表皮と真皮は両方で厚さが約1.5mm程度(身体の部位によって少々の誤差は出てきます)になります。そしてこの表皮と真皮の更に下には、皮下組織が存在しています。皮膚というのは、表皮・真皮・皮下組織という三層で成り立っているのです。

皮膚はそもそもの機能として、外部から加えられる刺激の軽減・体内への異物侵入を遮るという役割を担っています。また必要なくなった表皮細胞などは排泄され、必要な細胞に入れ替わるターンオーバーという仕組みを持っています。お肌の状態が正常であるほどターンオーバーは円滑に行われ、綺麗な状態で表皮を保つことが出来るでしょう。

皮膚のしくみとして、紫外線を遮断するのに最も重要なのは、顆粒層と角質層の部分です。角質層と同様、顆粒層も表皮にあり、この二層によってお肌を紫外線から守っているのです。紫外線対策には最も大切な部分であり、この層がお肌を守ってくれていなければ、紫外線のダメージは跳ね上がってしまうでしょう。また紫外線だけでなく、異物などの侵入を防ぐのもこの部分です。

表皮・真皮・皮下組織によって、皮膚というのは成り立ちます。皮膚は円滑にターンオーバーすることによって新しいものへと入れ替わり、紫外線からお肌を守り続けてくれているというわけなのです。


紫外線と皮膚



持効型インスリン
持効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

イチオシ商品 (株)TRINC 電池駆動式静電気除去器(イオナイザー)
http://www.ssw-shimadzu.co.jp/news/2013/20131129a.html

ケーシー 白衣
ケーシーの白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!