紫外線対策ガイド TOP → 紫外線と皮膚 ターンオーバー

ターンオーバー

肌は一ヶ月に一回、細胞が剥がれ落ちるようにして生まれ変わります。それをターンオーバーといいます。一ヶ月に一回とは言いましたが、正確には約二十八日、しかし体質・生活習慣・ストレスの有無によっても左右されますし、どこかに乱れが生じていればターンオーバーも同様に乱れてしまう傾向にあります。このターンオーバーを正常に保つことが、紫外線対策にもなるのです。

しかしターンオーバーは、体質・生活習慣・ストレスの有無だけでなく、加齢によっても遅れていくものです。例えば怪我などしても、若い頃のように傷が治りにくくなるなど、そういった体験に心当たりのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。お肌のターンオーバーに関しても同様で、歳を経るごとにターンオーバー能力は衰えてしまい、約二十八日程度で行われていたターンオーバーが三十日、四十日ほどしないと完了しなくなるのです。

こういった加齢によるターンオーバー機能の衰えは、生活習慣の改善やストレスを溜めないことなどを心がけ、サポートしていく形をとるしかありません。他にもお肌の老化対策として、保湿を施すのも良いでしょう。加齢が進むと体内のコラーゲン量は減少していき、どうしても保湿力が奪われ乾燥肌になってしまいがちで、これもターンオーバーを妨げる原因となってしまうのです。

ターンオーバー速度は加齢によって遅くなり、生活習慣やストレスの有無によっても乱れが生じますので、改善できる点は改善していく必要があるでしょう。


紫外線と皮膚



セリエa 動画
セリエaの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン

看護師 白衣
看護師の白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!