紫外線対策ガイド TOP → 紫外線と皮膚 基底部と皮膚

基底部と皮膚

肌の基底部(もしくは基底層とも)、いわゆる基底細胞に障害が起こると、新しく皮膚を生成することが出来なくなってしまいます。その大切な基底部を傷つけるものの一つが、紫外線なのです。基底部は表皮の中では最も下部にあるのですが、しかし紫外線は当然ながら基底部にも達し、その際に基底細胞を傷つけていくことがあるのです。

基底部では新しい皮膚の生成だけでなく、メラニン色素も生成する機能を持っています。メラニン色素といえば「しみ」「ほくろ」などの原因として悪く考えてしまいがちですが、しかしメラニン色素には紫外線からお肌を守る作用もあるため、紫外線から身を守るという意味では、角質層・顆粒層に続くもう一つの防御手段といえるのです。実のところメラニン色素というのは「しみ」の原因として悪く考えられている以上に、お肌を紫外線から守ってくれているのです。

しかし先述したような基底細胞の障害などが起こると、新しく皮膚を生成することが出来なくなるだけでは済まず、メラニン色素の生成まで滞ってしまうのです。そうなると、直射日光へと触れることによる皮膚がんのリスクが大きく増大してしまうなど、様々なトラブルが起こってしまうのです。基底部の障害は、皮膚全体の健康に大きな悪影響を与えるものとなるでしょう。

基底部は皮膚を生成するために最も重要な部分です。またメラニン色素を生成して紫外線から身を守るなど、皮膚全体で見ても必要不可欠であると言えるでしょう。


紫外線と皮膚



ランタスソロスター
ランタスソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!