紫外線対策ガイド TOP → 紫外線の対策 日焼け止めの使用

日焼け止めの使用

日焼け止めは必ずSPF値の高いものを選びましょう。このSPF値というのは、紫外線のタイプであるUV-Bをどれだけカットできるかを示しているもので、数字が高ければ高いほど効果も高くなります。昨今では様々な紫外線防止の日焼け止めが販売されており、その効果を比べるために役立つのが、こういった数値なのです。市販の多くの日焼け止めにはまず間違いなく記載されているはずですので、是非とも確認してみましょう。

またSPFだけでなく「PA」というのも存在し、SPF値がUV-Bのカット効果を示しているのに対して、PAはUV-Aのカット効果を示しています。PAの場合は数字ではなく、例えば「PA+」「PA++」というように、「+」の数で効果を示しています。「+」の数が多ければ多いほどカット効果が高く、海外などでは「PA+++++」以上のものまで存在します(ただしここまでくると、日本の基準とはかけ離れていることも多いです)

日焼け止めを選ぶ基準としては、単純に「SPF値」と「PA」を見比べるのが良いでしょう。しかし昨今では状況別に日焼け止めを選ぶこともでき、例えば水に濡れやすい状況にある場合や多汗症の方などには「ウォータープルーフ」の日焼け止めなどもオススメできます。特殊なものだと大抵は「SPF値」と「PA値」が下がることもありますが、しかし状況によって選ぶことが出来るのは大切です。

日中の外出時は特に、降り注いでくる陽射しをしっかりとカットアウトするのが大事です。日焼け止めを活用することで、外出時はお肌を守れるようにしましょう。


紫外線の対策



抱っこ紐
おんぶ紐・抱っこ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!

ランタス インスリン
ランタスのインスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!